デンカ、AIの目で自動車部材の不良品を選別

2019/10/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中堅化学メーカーのデンカは品質や生産性の向上へ、製造現場で人工知能(AI)やあらゆるものがネットにつながる「IoT」技術の導入を加速する。自動車向け部材などを手掛ける国内工場で、年内にも不良品をAIで選別する装置を導入。製造プロセスに関わるデータを蓄積して技能継承に役立てる取り組みも進める。コストと品質に対する顧客の視線は厳しさを増しており、先進技術を活用して収益力の向上にもつなげる。

デンカは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]