大阪IR、万博前は部分開業も ギャラクシー幹部が示唆

2019/10/23 19:08
保存
共有
印刷
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)大手の香港ギャラクシー・エンターテインメントは23日、大阪府・市が誘致を目指す夢洲でのIR施設の開発を担うことになった場合、2025年時点では部分開業になる可能性を示唆した。大阪府・市は25年の国際博覧会(大阪・関西万博)開幕前のIR開業を求めている。

同社が大阪市内で開いた記者会見で、日本開発責任者のテッド・チャン氏が「25年までの完全開業は難しい。高品質な施…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]