/

広島の県立新大学名、「叡啓大」に

公立大学法人県立広島大学は23日、2021年春に広島市に開校を予定している新単科大学の概要を発表した。名称は「叡啓(えいけい)大学」とし、「ソーシャルシステムデザイン学部」を設ける。学長には有信睦弘・東大副学長を招く。

カリキュラムはITスキルと英語力をしっかり身につけたうえで、企業や自治体と連携して課題解決に取り組む演習に力を入れる。入試は偏差値にとらわれず独創的な発想ができる学生を数多く育てたいとして、定員100人のうちAO入試方式で50人、推薦で20人を選抜し、従来型の共通テストでの選抜枠は10人に抑える。残る20人は外国人留学生とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン