宮城・福島住民の足止め続く 鉄路、水への弱さ露呈

台風19号
2019/10/23 18:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風19号の影響で大きな被害を受けた宮城と福島の内陸と沿岸部をつなぐ鉄路の復旧に時間がかかっている。宮城県と福島県を結ぶ阿武隈急行(福島県伊達市)やJR東日本の福島県いわき市から郡山市を結ぶ磐越東線の一部区間で運転見合わせが続いている。いずれも河川に沿った路線で、水害へのもろさが露呈した。

阿武隈急行は駅や線路への土砂の流入、線路の陥没、架線断裂など40カ所前後で被害が出た。富野駅(伊達市)~槻…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]