/

自由なお金、「月1万円未満」が2割で最多 民間調査

インターネット接続事業者大手ビッグローブが実施した「お金に関する意識調査」によると、1カ月間に自由に使える金額の最多は「1万円未満」となり、約2割を占めた。全体の約9割が「貧富の格差」について感じることがあると回答。毎月の出費で負担に感じている費目としては、食費が最も多く、全体の約3割、20代では約4割を占めた。

調査はスマートフォンを所有する全国の20代から60代を対象にインターネットで実施した。有効回答数は1000人で、調査期間は9月4~9日。

毎月、自由に使える金額に関して「1万円未満」が23%で最も多かった。「2万~3万円未満」(18.8%)、「1万~2万円未満」(14.9%)と続いた。合計すると毎月自由になる金額は65%が3万円未満と回答した。

「自由に使えるお金はない」との回答も、8.4%にのぼった。世代別に内訳をみると、最も多かったのが20代(11%)。これに30代(10.5%)が続き、若者層の厳しい"懐事情"が浮き彫りになった。

「現在負担に感じている費目」(複数回答)に関しては、「食費」(33.5%)で最も多く、「家賃・住宅ローン」(33.1%)、「各種税金」(32.3%)、「社会保険費」(28.9%)と続いた。

世代別にみると、若者層と40代の負担感が総じて高かった。負担に感じる費目について、20代で最多となったのは「食費」で39%を占めた。これに「各種税金」(32.5%)が続き、「奨学金の返済」も15.5%を占めた。40代で最多となったのは「家賃・住宅ローン」(40.5%)との回答だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン