工作機械各社、自動化に的 国内最大級の見本市が開幕

2019/10/23 18:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内最大級の工作機械見本市「メカトロテックジャパン2019」が23日、ポートメッセなごや(名古屋市)で開幕した。今回は過去最多となる477社が出展した。米中貿易摩擦で厳しい受注環境が続くなか、中部企業は人工知能(AI)やロボットを活用した自動化・省人化システムなどを提案した。

オークマはロボットの作業手順の作成を省いた工作機械を展示。ロボットの専門知識がなくても容易に作業できるようにした。家城淳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]