/

神奈川県市長会、知事に情報共有要望 ダム緊急放流で

台風19号の大雨で城山ダム(相模原市)で緊急放流が行われたことを受け、県市長会などは23日、黒岩祐治知事に情報共有などを求める要望書を提出した。ダム底の土砂を掘り出してダムの貯水容量を確保したり、下流河川の堤防かさ上げ整備を進めたりすることを要望したほか、災害時に備えた細かな河川の情報提供を求めた。

市長会会長の小林常良厚木市長は緊急放流に備えて県管理河川の危険箇所や、放流量がどの程度河川水量に影響するのかなどの情報を事前に共有する仕組みの必要性を強調。「情報を細かくやり取りさせてほしい」と訴えた。

城山ダムの緊急放流時刻は数回変更となった。黒岩知事は最終的な緊急放流時刻の伝達が直前になったことについて「本当に申し訳ない。2度とないよう、しっかりと仕切り直ししていきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン