医療材料、タグで管理効率化 帝人など

2019/10/23 18:10
保存
共有
印刷
その他

帝人シップヘルスケアホールディングス(HD)は23日、ガーゼや手術に使う糸などの材料をICタグで効率的に管理するシステムを開発したと発表した。病院での在庫確認や発注といった作業をICタグの読み取りで済むようにした。すでに北野病院(大阪市)で導入しており、2020年度からシップHDが物流管理を受託する病院、約50施設などへの展開を目指す。

各患者に使った医療材料の費用を管理できるようになる

物流倉庫で材料にICタグをはり、病院の棚につけた機器やタグの回収箱でタグの情報を読みとる仕組み。物流倉庫での在庫管理にも使う。

病院で看護師などが使った材料のタグを回収箱に入れると、自動で発注がかかりモニターに納期を示す。各患者に使った材料の情報をひもづけ、治療にかかったコストを記録する。

医療材料の管理は従業員が材料を手に取って、端末でバーコードを読みとる方式が主流だ。「人海戦術のため人手がかかる」(北野病院の吉村長久病院長)のが課題だった。帝人はICタグに5~10センチ離れたところまで集中して電磁波を送れるシートを使い、他のタグは読みとらず正確に管理できるようにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]