ソニー、アパレル向け消臭繊維のライセンス供与

2019/10/23 18:04
保存
共有
印刷
その他

ソニーは23日、消臭効果のある繊維のライセンス供与を始めると発表した。ニオイの原因となる成分を吸着する炭素素材を繊維に練り込んだ。素材メーカーや日用品メーカーなどに広く採用を促し、技術資産の収益化を進める。まず、セレクトショップ大手、ベイクルーズ(東京・渋谷)が採用した。

ソニーは消臭効果のある繊維のライセンスを供与する

新素材「トリポーラス ファイバー」は、電池を研究開発するプロセスで発明した「もみ殻」を原料とした炭素素材「トリポーラス」を繊維に練り込んだ。ベイクルーズ傘下のルドーム(東京・渋谷)が同繊維を活用したTシャツやパーカーなどを開発。11月1日に東京都渋谷区に開く店舗で、新素材を使った商品を販売する。

同素材は2~50ナノ(ナノは10億分の1)メートルの穴や、1マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの穴などの多様な規模の微細な穴が存在し、分子量の大きな物質も吸着できる特性を持つ。ニオイの原因となるアンモニアや酢酸、イソ吉草酸などの分子を吸収して穴に閉じ込める。新素材は洗濯すると、ニオイ分子を取り除き、消臭効果を回復させられる。

トリポーラスは電池を研究開発するプロセスで発明した「もみ殻」由来の素材。これまで男性用化粧品などで活用された実績がある。

(広井洋一郎)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]