8月の鉱工業生産指数 2カ月ぶり上昇、四国経産局

2019/10/23 18:00
保存
共有
印刷
その他

四国経済産業局がまとめた8月の鉱工業生産指数(速報、2015年=100、季節調整値)は96.3となり、前月比で2.3%上昇した。運搬用クレーンなど大型製品の生産が伸び、2カ月ぶりに上がった。基調判断は「弱含みで推移」で据え置いた。

生産指数は全14業種のうち5業種で上昇した。化学機械・貯蔵槽、運搬用クレーン、鋼船といった大型製品が出荷時期の関係で伸びた。一方、食料品工業は盆休みによる工場の稼働日数の減少などで生産が減った。

出荷指数は3.6%上昇の101.3で、こちらも2カ月ぶりに上がった。繊維工業などで出荷が増えた。在庫指数は3.2%低下の101.9で、4カ月ぶりに下がった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]