ヤマハ発動機、転ばない3輪を提案

2019/10/23 19:30
保存
共有
印刷
その他

次世代の個人向けモビリティーを発表するヤマハ発動機の日高祥博社長

次世代の個人向けモビリティーを発表するヤマハ発動機の日高祥博社長

ヤマハ発動機は23日、24日開幕する東京モーターショーの出展内容を報道陣に公開した。次世代の個人向けモビリティー(移動体)「エムダブリュ ビジョン」のコンセプト車を世界で初めて披露した。転ばないバイクの実現に向け、コンセプト車として走行の安定性を高めた。

エムダブリュ ビジョンは繭型ボディーの三輪車で、車体の傾きを制御し、低速で曲がる時もふらつかずスムーズに走れるようにした。バックすることもできる。

日高祥博社長は23日の発表で「(エムダブリュ ビジョンの開発で)転ばないバイクをモノとして実現できることが分かってきた」と説明。開発を進め、転ばないバイクを早期に市場で投入する方針を強調した。

また三輪バイク「トリシティ300」を参考出展物として初披露した。同社の三輪バイクでは中間サイズに位置づけられる。詳細は11月上旬のイタリアでの展示会で発表するという。

人工知能(AI)を使った画像認識技術で障害物を検知して走る無人走行車両「ランド リンク コンセプト」も初披露した。4つの車輪でどの方向にも移動できる。収穫した農産物の搬送などに使えると見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]