「改憲、対立招かない形で」スー・チー氏一問一答
ロヒンギャ問題で「国際社会に失望」

2019/10/23 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は23日、都内で日本経済新聞と単独会見した。非民主的な規定が残る現行憲法の改正や、国際的な批判が高まるイスラム系少数民族ロヒンギャの問題への対応について答えた。主なやり取りは以下の通り。

――憲法改正をめざす理由を教えてください。

「ミャンマーでは議席の25%は(軍人枠として)選挙で選ばれていない。民主主義を完全なものにするために、全ての議員は選…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]