/

この記事は会員限定です

次世代原子炉、海外頼み 国内で反発強く苦肉の策

[有料会員限定]

国の原子力研究を担う日本原子力研究開発機構は9月、安全性が高いとされる次世代の原子炉「高温ガス炉」について、ポーランドの国立研究機関との協力文書に署名した。炉の設計や燃料開発、人材育成などで具体的な協力が始まる。ポーランドが建設予定の研究炉や商用炉で日本発の技術の採用を目指す。国内は原発への風当たりが強く、新規建設が難しい中、実用化へ向けた技術力を向上する苦肉の策でもある。

高温ガス炉は、化学変化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1739文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン