次世代原子炉、海外頼み 国内で反発強く苦肉の策

2019/10/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国の原子力研究を担う日本原子力研究開発機構は9月、安全性が高いとされる次世代の原子炉「高温ガス炉」について、ポーランドの国立研究機関との協力文書に署名した。炉の設計や燃料開発、人材育成などで具体的な協力が始まる。ポーランドが建設予定の研究炉や商用炉で日本発の技術の採用を目指す。国内は原発への風当たりが強く、新規建設が難しい中、実用化へ向けた技術力を向上する苦肉の策でもある。

高温ガス炉は、化学変…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]