/

鹿児島銀、BCP策定支援サービス

鹿児島銀行は企業の事業継続計画(BCP)策定を支援するサービスを始めた。グループ会社の九州経済研究所(鹿児島市)、倉庫業の九州共同(同)などと連携。鹿児島銀の担当者がそれぞれ企業のニーズを把握した上で、九州経済研究所が具体的な計画作りを支援し、必要な防災用品や設備も九州共同を通じて整備できるようにした。

鹿児島銀によると、鹿児島県の企業のBCPの策定比率は全国平均を大幅に下回っているという。計画を策定しやすい環境を提供することで、非常時における企業の事業継続性を高め、「災害に強い街づくり」につなげる考えだ。策定費用は企業規模や策定レベルによって異なるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン