EVに省エネ半導体、消費電力2割減 名大など

2019/10/23 16:34
保存
共有
印刷
その他

名古屋大学や大阪大、パナソニックなどは23日、次世代の省エネ半導体とされる「窒化ガリウム」を活用した電気自動車(EV)を試作し、「東京モーターショー2019」で報道陣に公開した。電動装置のエネルギー損失を大幅に抑え、消費電力を約2割削減できる。自動車メーカーと協力し、実用化を目指す。

窒化ガリウムを使った半導体は、現在のシリコン半導体よりもエネルギー損失を6分の1以下に低減できる。シリコンの10…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]