ネスレ日本の高岡社長「神戸の多様性、革新の源泉」

2019/10/24 5:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神戸市に本社を置き、食品という成熟産業でありながら今も変革を追求し続けるネスレ日本の高岡浩三社長兼最高経営責任者(CEO)に聞いた。

――ネスレが神戸に本社を置く理由は何でしょう。

「神戸の街はダイバーシティー(多様性)にあふれている。イノベーションの源泉はダイバーシティーだと思う。特に外国人がいることは大切だ。なので私は神戸から離れたくない。西日本で神戸が最もイノベーションが盛んな土地柄と言わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]