/

この記事は会員限定です

中野サンプラザ、新ホール最大7000人収容 区が素案

[有料会員限定]

東京都中野区はコンサート会場「中野サンプラザ」の建て替えで、新たに設ける多目的ホールの収容人数を最大7000人程度とする方針を固めた。2025年度にホールも含む複合施設の工事に着手し、28年度末の完成を予定する。中野の街のシンボルとして長年親しまれているサンプラザの「DNAを継承」(同区)し、新たな文化・スポーツの拠点を目指す。

老朽化が深刻なサンプラザや区役所といった中野駅北口の駅前エリアの施設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン