トヨタ、自動運転経路を効率策定 システムを共同開発

自動車・機械
2019/10/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車が人工知能(AI)を活用して自動運転車の走行経路を効率的に策定するシステムをつくる。この分野で先行したオプティマインド(名古屋市、松下健社長)に他社とあわせて10億円超を出資し、共同開発する。自動運転やシェアリングの普及を控えソフトウエア開発が重要になっており、知見を蓄えたスタートアップ企業との連携を強化する。

オプティマインドが実施した増資に応じた。トヨタに加えてKDDI傘下のファ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]