/

この記事は会員限定です

トヨタ、自動運転経路を効率策定 システムを共同開発

[有料会員限定]

トヨタ自動車が人工知能(AI)を活用して自動運転車の走行経路を効率的に策定するシステムをつくる。この分野で先行したオプティマインド(名古屋市、松下健社長)に他社とあわせて10億円超を出資し、共同開発する。自動運転やシェアリングの普及を控えソフトウエア開発が重要になっており、知見を蓄えたスタートアップ企業との連携を強化する。

オプティマインドが実施した増資に応じた。トヨタに加えてKDDI傘下のファンドなどが増資を引き受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン