ダイハツ、初の自動運転車 車いすでも乗り降り楽に

モーターショー
2019/10/23 15:30
保存
共有
印刷
その他

「ICOICO」を発表するダイハツの奥平社長(23日、東京都江東区)

「ICOICO」を発表するダイハツの奥平社長(23日、東京都江東区)

ダイハツ工業は23日、報道向けに公開を始めた「東京モーターショー」で、同社としては初めてとなる自動運転車や、ドローン基地への活用をにらむ次世代軽トラックなどコンセプト車を公開した。

自動運転車「イコイコ」は電気自動車(EV)として提案した。同社がコンセプトモデルとして自動運転を打ち出すのは初めて。4人乗りの軽自動車で、ボンネットや運転席を設けず、従来車より乗員スペースを広く確保した。小型サイズで、細い道でも簡単に移動できる。奥平総一郎社長は「全国津々浦々に温かな暮らしを提供するのがダイハツの使命。移動や働き方の課題解決に貢献したい」と話した。

車椅子や荷物の多い旅行者が乗り降りしやすいようにスロープを搭載した。車体の下部に自動で収納でき、スロープを出すときには車高が10センチ下がるように設計した。

「ニポテ」と呼ぶお世話ロボットも特徴の一つだ。人間のヒザくらいの高さの可動式ロボで、目的地までのルート案内や地図を画面に表示するなどの使い方を想定する。ニポテに話しかければ、特定の場所までイコイコを呼び出すこともできる。

同日公開した次世代軽トラック「ツムツム」は、シートやフロントパネルを薄くして運転席の空間を従来品より広くした。ドアを車体の前方から引いて開ける仕様にし、乗り降りも簡単になった。軽トラックだけでなく、荷台を農業用のドローン基地として使えるようにする計画だ。

ダイハツが公開したスロープ付き自動運転車「ICOICO」(23日、東京都江東区)

ダイハツが公開したスロープ付き自動運転車「ICOICO」(23日、東京都江東区)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]