「芸術人類学」とシラク大統領 芸術文明史家 鶴岡真弓

エッセー
2019/11/12 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛犬に「スモウ」と名づけるなど親日家として知られたシラク元フランス大統領が逝去した。なぜ彼は親日家だったのか。それは単に日本を異文化として珍しがっていたからではなかった。

フランス大統領は歴代、芸術文化国家の首長として公共の美術館や図書館創設・再生を実現してきた。シラク氏こそ何十年の構想でセーヌ川畔に、人類の美術を総覧する「ケ・ブランリー美術館」を創設した人だった。

オルセー美術館を発案したジス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]