友なきクルド人 独立の悲願なお遠く
編集委員 松尾博文

松尾 博文
編集委員
2019/10/25 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米軍撤収を受けたトルコ軍によるシリア北東部への攻撃は、8年を超えるシリア内戦の構図を一変させた。この地域を実効支配してきたクルド人勢力が、シリアのアサド政権に助けを求めた結果、ようやくつかんだ自治は終焉(しゅうえん)に向かい、アサド政権による国土再統一が近づくからだ。

急きょトルコを訪問した米国のペンス副大統領はエルドアン大統領と会談した。両者は軍事作戦の一時停止で合意したものの、クルド人の武装…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]