滋賀患者死亡、再審無罪の公算 検察「新たな立証せず」

2019/10/23 11:13
保存
共有
印刷
その他

滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、人工呼吸器を外して男性患者(当時72)を殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定し服役した元看護助手、西山美香さん(39)の再審公判で、検察側が新証拠による立証をしない方針を書面で示したと、弁護団が23日記者会見して明らかにした。西山さんは無罪となる公算が大きくなった。

 記者会見する西山美香さん(左)と井戸謙一弁護団長(23日午前、大津市)=共同

大津地検の高橋和人次席検事は「有罪のための新たな立証はせず、確定審などで取り調べられた証拠などに基づき、裁判所に適切な判断を求めることとした」とのコメントを出した。

井戸謙一弁護団長は記者会見で「検察側が方針転換をしたと考えている。事実上、無罪は確実になったのでは」と話した。

弁護団によると、検察側は4月、再審公判に向けた裁判所と検察、弁護団の第1回3者協議で、改めて有罪を立証する意向を表明していた。

検察側はその後の協議で、新証拠による有罪の立証をしない方針を明らかにしたほか、法医学者らの証人尋問の申請を撤回。弁護団の無罪主張に積極的に反論しない意向を示したという。

検察側は有罪主張自体は維持するとみられるが、19年度内の再審公判開始や即日結審を希望しているという。

西山さんの再審請求を巡っては大阪高裁が17年12月、弁護側が新証拠として提出した医師の意見書などに基づき「患者が不整脈で自然死した可能性がある」として、再審開始を決定。検察側はこれを不服として最高裁に特別抗告したが、今年3月に最高裁が棄却する決定をして再審開始が確定した。

男性は03年5月、湖東記念病院の病室のベッドで心肺停止状態で発見された後に死亡。西山さんが任意の捜査で「人工呼吸器のチューブを外し、殺害した」と自白し、滋賀県警に04年7月、殺人容疑で逮捕された。

西山さんは公判で無罪を訴えたが、大津地裁は05年、男性の死因は低酸素状態による急性心停止と認定して懲役12年の判決を言い渡した。大阪高裁、最高裁も支持し、07年に有罪が確定した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]