問いかけで変わる意思決定 中沢孝夫氏が選ぶ3冊
行動経済学の使い方 大竹文雄著

読書
2019/10/24 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人間は必ずしも揺るがない意思をもっているわけではない。というより、どちらかと言えば、悩みながら、あるいは決めることを先送りしながら日々を過ごす。ネコが常に自分の都合で行動するのとは異なる。

本書は、人は合理的に生きているわけではなく、他者からの「問いかけの形」によって、同じ「問い」を投げかけられていても、例えば「術後1カ月の生存率は90%」と言われるか「術後1カ月の死亡率は10%」と告げられるか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]