日経平均続伸、終値76円高の2万2625円 1年ぶり高値

2019/10/23 9:08 (2019/10/23 15:41更新)
保存
共有
印刷
その他

23日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前営業日比76円48銭(0.34%)高の2万2625円38銭で終えた。3営業日連続で年初来高値を更新し2018年10月18日以来、約1年ぶりの高値をつけた。米中貿易協議の進展観測に加え、今日から本格化する主要企業の19年4~9月期決算に期待する買いが優勢だった。

米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は21日、米国と中国の貿易協議が進展すれば、12月に予定する中国製品に対する追加関税の発動を取り下げる可能性を示唆した。米中協議が進展し業績が改善するとの見方から、海運や非鉄金属などの景気敏感株が上昇した。

日経平均の上げ幅は一時100円に迫った。「市場はすでに来期を見ており、今回の決算で業績の底入れを確認できるとの思惑から先回り買いが入った」(楽天証券経済研究所の香川睦チーフグローバルストラテジスト)との見方が出ていた。

もっとも、日経平均は午前を中心に下落する場面も目立った。米半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)が低調な19年10~12月期見通しを明らかにし、東エレクなど半導体関連株が売られた。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感も上値を抑えた。

JPX日経インデックス400は続伸し、終値は前営業日比86.73ポイント(0.6%)高の1万4652.40だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、9.54ポイント(0.59%)高の1638.14で終えた。両指数とも年初来高値を更新した。

東証1部の売買代金は概算で2兆1526億円と、4営業日ぶりに2兆円を超えた。売買高は11億8961万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1531と、全体の約7割を占めた。値下がりは535、変わらずは89だった。

ダイキン日東電が買われた。アルツハイマー病新薬の承認を米国で申請すると発表したエーザイが大幅高。第一三共アステラスなど他の医薬品株も高かった。一方、KDDIソニーが安い。米シェアハウス大手ウィーワークを運営するウィーカンパニーが支援を受け入れると発表したソフトバンクグループ(SBG)が売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]