米バイオジェンとエーザイ、アルツハイマー薬承認申請へ

ヘルスケア
2019/10/23 0:54
保存
共有
印刷
その他

アルツハイマー病で新薬の承認申請を発表したバイオジェン=ロイター

アルツハイマー病で新薬の承認申請を発表したバイオジェン=ロイター

【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬のバイオジェンとエーザイは22日、共同開発しているアルツハイマー病の新薬について、2020年に米国で承認を申請すると発表した。早期アルツハイマー病患者を対象とした治験で、認知や日常生活に関わる機能で症状悪化を遅らせる効果が認められたという。承認が実現して商品化されれば、大きな需要が見込める。

【関連記事】 認知症薬、まだ諦めない エーザイ社長の執念

承認申請を目指す新薬アデュカヌマブ(一般名)は、脳内のたんぱく質「アミロイドベータ」を標的とする。3月に十分な効果が認められないとして治験を中止したが、結果を再分析したところ、高用量を投与した一部の患者に効果が確認できた。重篤な副作用も認められなかった。

これを受けて米食品医薬品局(FDA)と相談し、承認申請の手続きを進める方針を固めたという。欧州や日本など他の地域でも承認申請を予定している。

バイオジェンのミシェル・ヴォナッソス最高経営責任者(CEO)は「早期アルツハイマー病の症状悪化を抑制する最初の治療薬を患者に届けられることを期待している」とコメントした。発表を受けて22日、米株式市場でバイオジェンの株価は急騰。前日終値比の上昇幅は一時、4割に達した。

アルツハイマー病を中心とした認知症は、高齢化などにより世界的に患者数が急増している。潜在的需要の大きさから製薬各社が新薬開発を競うが、治験失敗による開発中止や撤退も相次いでいる。過去2年で米メルクやイーライリリー、スイス・ロシュなどが開発中のアルツハイマー治療薬の治験を中止していた。

【関連記事】
エーザイ、土俵際に追い込まれた認知症薬開発
エーザイ、アルツハイマー薬の治験中止 残り1剤に望み
認知症予防は「夢のまた夢」? 発症リスク診断に活路
認知症の予知はデジタルで 治療研究の突破口に期待
認知症薬「脳を掃除」に注目 新発想で開発停滞打破へ
エーザイ、企業価値高めるインドの秘薬

国内外の編集者が執筆するニューズレターを平日毎日配信しています。「世界のいま」がつかめ、ビジネスや就活に役立ちます。登録はこちら(電子版有料会員限定)。https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=S001&n_cid=BREFT038
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]