VWとルノー、「格安」でEV開拓 5年以内に発売
車台共通化でコスト削減 環境規制厳格化に備え

モーターショー
2019/10/22 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【フランクフルト=深尾幸生、パリ=白石透冴】欧州の自動車大手がガソリン車並みの価格の電気自動車(EV)投入へ動き出した。独フォルクスワーゲン(VW)は主力EVより約4割安くし、仏ルノーは1万ユーロ(約120万円)以下のEVを5年以内に出す。環境規制が段階的に厳しくなるのに備え、車台の共通化などでコストを下げてEV普及に弾みをつける。

VWは2023~24年に同社の小型車「ポロ」やホンダ「フィット…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]