アフガン和平、厳しいハードル 消えないテロの脅威

2019/10/22 18:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アフガニスタンのガニ大統領は再選されればタリバンと直接対話すると意欲を示したが、和平実現には厳しいハードルが待ち構える。タリバンのテロの脅威が消える気配はないためだ。タリバンは米軍が駐留している間はアフガン政府を国家として認めないと主張しており、対話が実現するかどうかは不透明だ。

国連の調べでは2014年以降、タリバンなどのテロによる民間人の被害者は毎年8千人を超える。そのうち死者も同2千人以上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]