[社説]命守る教育、学校から地域へ

社説
2019/10/22 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

学校や行政が事前の防災対策を十分に尽くさず児童・生徒に犠牲が生じた場合、損害賠償の責めを負う。重い司法判断が示された。

東日本大震災の津波で宮城県石巻市の大川小学校の児童らが犠牲になったことをめぐる訴訟で、最高裁は、震災前の学校と行政の防災への備えに過失があったと認定した二審判決を確定させた。

市のハザードマップで大川小は津波の浸水想定区域外だった。しかし、校長らが学校の立地などを詳細に検討すれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]