/

この記事は会員限定です

VRで楽しくリハビリ ゲーム感覚で機能改善に効果

[有料会員限定]

脳梗塞や認知症などのリハビリテーションで、仮想現実(VR)の映像を活用したプログラムが注目されている。ゲーム型のリハビリでは単調になりがちなトレーニングも没頭しやすく、成果も数値化されるためにモチベーションを保ちやすい。外出困難な高齢者らが「疑似旅行」をする体験会では、外出する意欲が高まるだけでなく認知機能が改善した事例も。医療や介護の現場で広がりそうだ。

10月上旬、東京都港区の「脳梗塞リハビリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン