MoMAがリニューアル、展示スペース3割増 作品多様に

2019/10/22 2:47
保存
共有
印刷
その他

全体を大きく見られるよう視覚的な工夫を施した

全体を大きく見られるよう視覚的な工夫を施した

【ニューヨーク=河内真帆】ニューヨーク近代美術館(MoMA)が21日、4カ月間の休館・改装工事を終えリニューアルオープンした。展示室の壁を一部取り除いて来館者が全体を大きく見られるよう視覚的な工夫を施したほか、欧州系の白人男性芸術家に偏りがちだった展示内容も多様性を高め「開かれた美術館」をめざす。

リニューアルにかけた費用は総額4億5000万ドル(約488億円)。新装MoMAの総面積は6万5000平方メートルと改装前に比べ16%広がった。展示スペースは3割拡大、展示作品も1000点以上増やした。

グレン・ローリー館長は「MoMAの展示作品といえばモネの『睡蓮』(スイレン)を誰もが思い浮かべるが、近代アートはそれだけではないことを知ってもらいたい」と話す。

ピカソの展示室に米国人黒人女性アーティストの作品を並べて展示するなど、展示内容もリニューアルした

ピカソの展示室に米国人黒人女性アーティストの作品を並べて展示するなど、展示内容もリニューアルした

ピカソの作品を集めた部屋には「アヴィニョンの娘たち」など同氏の代表作のほか、「ゲルニカ」に啓発されて米国人の黒人女性アーティスト、フェイス・リングゴールドが人種、性差別の苦悩を描いた「アメリカン・ピープル・シリーズ#20」を並べて展示するなど、鑑賞後の議論や興味の広がりを喚起する構成とした。

同館を代表するピカソやモネの作品のほか、ゴッホの「星月夜」(1889年)などは永久展示として常設する一方、それ以外は6~9カ月間で入れ替えて新鮮さを出していく考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]