軽減税率、持ち帰り「中食」拡大 吉野家など顧客増

消費税10%
2019/10/21 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

弁当や総菜を店で買って自宅で食べる「中食」需要の伸びが大きくなっている。共働き世帯の増加などで市場が拡大していたが、持ち帰りやデリバリーには10月の消費増税後も軽減税率が適用されたことで伸びが加速している。人口減で食事の総回数が増えないなか、成長を続ける中食需要の取り込みは外食や小売り各社の今後の成長力を左右しそうだ。

吉野家ホールディングス(HD)の吉野家やタリーズコーヒージャパンなど外食各社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]