/

この記事は会員限定です

軽減税率、持ち帰り「中食」拡大 吉野家など顧客増

[有料会員限定]

弁当や総菜を店で買って自宅で食べる「中食」需要の伸びが大きくなっている。共働き世帯の増加などで市場が拡大していたが、持ち帰りやデリバリーには10月の消費増税後も軽減税率が適用されたことで伸びが加速している。人口減で食事の総回数が増えないなか、成長を続ける中食需要の取り込みは外食や小売り各社の今後の成長力を左右しそうだ。

吉野家ホールディングス(HD)の吉野家やタリーズコーヒージャパンなど外食各社の10月2週目までの台風...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン