マレーシアのドローン企業エアロダイン、日米印を開拓
32億円 韓国VCファンドなどから調達

スタートアップGlobe
DealStreetAsia
東南アジア
2019/10/23 2:00
保存
共有
印刷
その他

マレーシアのドローン(小型無人機)関連スタートアップのエアロダイン・グループが、インドネシアと韓国のベンチャーキャピタル(VC)ファンド(投資基金)などから計3千万ドル(約32億円)を調達した。エアロダインは調達資金で世界展開を加速する。

エアロダインの今回の資金調達には、マレーシアに本拠を置くベンチャーテックや、中国のゴビ・パートナーズ、米500スタートアップスも参加した。エアロダインは1年半ほど前にもマレーシア通信大手のアシアタ・グループ系のファンドからの資金調達に成功している。

エアロダインは、オーストラリア、マレーシア、シンガポール、アラブ首長国連邦(UAE)、英国などに拠点を持つ。新たに調達した資金は日本やインド、米国、中東などの主要市場への拡大に使う。M&A(合併・買収)や研究開発、人材獲得にも成長資金をつぎ込む考えだ。

マレーシア通信大手アシアタ・グループからも資金を調達した=ロイター

マレーシア通信大手アシアタ・グループからも資金を調達した=ロイター

同社は2014年にサービスを開始した。ドローン技術に人工知能(AI)を組み合わせて、データ取得や解析などのサービスを展開する。エネルギー会社や通信、建設、農業、インフラ企業などにサービスを提供する。

エアロダインは18年、風力発電の「ブレード」と呼ばれる羽を検査する事業を手掛けるデンマーク企業の株式の6割を約270万ドルで取得している。

「ディールストリートアジア」(英文)のサイトはこちら(https://www.dealstreetasia.com/)

 日本経済新聞社は、東南アジア各国で投資ファンドやスタートアップ企業の動向を追うシンガポールの新興メディア「ディールストリートアジア」に出資しています。同社の発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語の記事を、日経電子版に週1回掲載します。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]