天皇陛下、即位を宣明へ 国内外から賓客2000人

「令和」新時代
2019/10/22 0:00
保存
共有
印刷
その他

「即位礼正殿の儀」で使われる「高御座」(左)と「御帳台」(宮殿・松の間)

「即位礼正殿の儀」で使われる「高御座」(左)と「御帳台」(宮殿・松の間)

天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」が22日、皇居・宮殿「松の間」で行われる。世界約180カ国と国際機関の代表らを含む国内外の賓客約2千人が出席する見通し。同日夜には、賓客らを招いて祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が開かれる。

【関連記事】
即位礼、厳戒の首都 警察官2万6千人動員
即位の礼、与野党が談話
伝統守り、華やかに 22日午後に「即位礼正殿の儀」

上皇さまの退位に伴い、天皇陛下は5月1日に即位された。自らのお言葉で国内外に即位を伝えられるのが儀式の目的で、天皇が憲法に基づき行う国事行為に位置づけられる。22日は今年限りの国民の祝日となった。

天皇、皇后両陛下が皇居から赤坂御所までパレードする「祝賀御列の儀」は即位礼正殿の儀の後に予定されていたが、政府は台風19号による災害対応に万全を期すため、11月10日に延期した。

即位礼正殿の儀は午後1時に開始予定。黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)と呼ばれる天皇専用の装束をまとった陛下と十二単(ひとえ)姿の皇后さまが松の間に設置された玉座「高御座(たかみくら)」と「御帳台(みちょうだい)」にそれぞれ登壇し、陛下が新たな天皇に即位したことを宣明される。

儀式では、秋篠宮ご夫妻をはじめとする成年皇族や宮内庁幹部、職員らが宮中装束を身につけ、松の間に並ぶ。退位により公務から退いた上皇ご夫妻は出席されない。高齢の三笠宮妃百合子さまも参列されない。

装束や道具類は雨に弱いため、雨天の場合、宮内庁は宮殿中庭に配置する装束姿の職員の人数を絞って宮殿内の廊下に配置するなどの変更を加えるという。

午後7時すぎからは宮殿に賓客を招いて、「豊明殿」などで饗宴の儀が開かれる。両陛下は、外国元首や三権の長らとともにお祝いの食事を共にされる。

海外からは、両陛下と親交の深いオランダやスペインの国王夫妻、英国のチャールズ皇太子など多くの王族のほか、フィリピンのドゥテルテ大統領、ドイツのシュタインマイヤー大統領など国家元首が数多く参列する。米国からはチャオ運輸長官、中国からは王岐山(ワン・チーシャン)国家副主席、韓国からは李洛淵(イ・ナギョン)首相が出席する。

即位礼正殿の儀の原型は平安時代初期に確立された。明治期に入り「登極令」が制定され、儀式のあり方が法律上規定され、大正、昭和期に適用された。戦後、登極令は廃止されたが、これに代わる規定がなかったため、平成の代替わりでは、国民主権といった憲法の理念に基づき宗教色を薄めて執り行われ、今回もそれをほぼ踏襲する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]