/

この記事は会員限定です

危機は2度あった サケの町がつなぐ「食」

和食リセット(4)

(更新) [有料会員限定]

おにぎり、弁当、定食など和食のおかずの王道、サケ。その母川回帰の性質に着目し「自然増殖」の技術を世界で初めて制度化した新潟県村上市に、現代社会が迫られる「食のサステイナビリティー」のヒントがある。

村上市は今、サケの季節を迎えている。千年以上前から町を潤してきた三面川(みおもてがわ)に今年も放流したサケが帰ってきた。豊富なサケ料理は観光客を呼び...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

和食リセット

和食離れが続いている。好きな料理では焼き肉やラーメンの人気が高まり、コメの消費量は右肩下がりだ。だが、洋食や中華料理に押されているのは、和食がその魅力を十分に消費者に伝えられず、担い手作りが遅れてきたためでもある。反転攻勢に向けて和食を見つめ直し、輝きを取り戻そうとする動きが広がってきた。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン