危機は2度あった サケの町がつなぐ「食」
和食リセット(4)

和食リセット
2019/10/20 2:03 (2019/10/25 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

おにぎり、弁当、定食など和食のおかずの王道、サケ。その母川回帰の性質に着目し「自然増殖」の技術を世界で初めて制度化した新潟県村上市に、現代社会が迫られる「食のサステイナビリティー」のヒントがある。

村上市は今、サケの季節を迎えている。千年以上前から町を潤してきた三面川(みおもてがわ)に今年も放流したサケが帰ってきた。豊富なサケ料理は観光客を呼び込み地域も支える。今でこそサケの町として知られるが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]