CO2分離膜、用途広く 神戸大発の技術実用化へ

2019/10/21 19:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神戸大学発の二酸化炭素(CO2)を分離する膜技術が、まず家畜のふん尿を使ったバイオガス発電で2020年にも実用化されることになった。導入が期待される分野は幅広く、発電所の環境負荷低減や水素の製造などでの活用もにらむ。さらに先を見すえた用途開発も加速させる。

神戸大の松山秀人教授らが開発した「CO2促進輸送膜」は、他のCO2分離技術よりもエネルギー消費量が少ない。技術の実用化を担ってきた環境系ベン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]