/

この記事は会員限定です

CO2分離膜、用途広く 神戸大発の技術実用化へ

[有料会員限定]

神戸大学発の二酸化炭素(CO2)を分離する膜技術が、まず家畜のふん尿を使ったバイオガス発電で2020年にも実用化されることになった。導入が期待される分野は幅広く、発電所の環境負荷低減や水素の製造などでの活用もにらむ。さらに先を見すえた用途開発も加速させる。

神戸大の松山秀人教授らが開発した「CO2促進輸送膜」は、他のCO2分離技術よりもエネルギー消費量が少ない。技術の実用化を担ってきた環境系ベンチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン