日本製紙社長、段ボール大型買収で「中計達成視野に」

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本製紙がオーストラリアの包装材メーカー、オローラ・リミテッド(メルボルン)から段ボール・包装事業を約1200億円で買収する。段ボール分野では海外投資を重ねてきたが、今回は日本製紙にとって過去最大の買収案件となる。野沢徹社長は日本経済新聞社とのインタビューに応じ、これまで5回未達に終わっている中期経営計画について「達成が視野に入る」と強調した。主なやり取りは以下の通り。

――豪州では2009年に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]