京都先端科学大、50周年記念式典

2019/10/21 19:21
保存
共有
印刷
その他

京都先端科学大学は19日、大学設立50周年の記念式典を京都市内で開いた。運営法人理事長の日本電産の永守重信会長は「50年間の歴史ある大学をお預かりして、あっと驚く大学に変える。強い理想、夢、気概と執念を持っている」とあいさつした。

京都先端科学大は4月、京都学園大から名称を変更して新たなスタートを切った。2018年3月から運営法人の理事長を務める永守氏は「少子化で学生が減る時代に大学経営をしていいのかと言われるが、今だからチャンスがある。不況時に投資をするのと同じだ」と強調した。

同大学は英語教育の強化などカリキュラム改革に取り組んでいるほか、20年には工学部を新設してモーター技術者を中心とした人材育成を始める。記念式典には小泉純一郎元首相も出席し、脱原発などについて講演した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]