神戸空港、第3の拠点に FDAの三輪社長

2019/10/22 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神戸空港を起点に松本(長野県)、出雲(島根県)を結ぶ路線を10月27日に開設するフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)。12月には神戸―高知線も就航させる。神戸空港の活用や、地方空港同士を結ぶ同社独自の戦略について、三輪徳泰社長に聞いた。

――FDAにとって神戸空港の位置付けは。

「名古屋、静岡に次ぐ第3の拠点にしたい。当初から機体を1機、整備要員を3~4人配置し、増やしていく。神戸を西日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]