加瀬トランク、千葉で屋内倉庫の契約件数3倍超 台風15号の被害受け増加

2019/10/21 19:30
保存
共有
印刷
その他

屋内貸倉庫の加瀬トランクサービス(横浜市)は2019年9月の千葉県内での新規契約数が前年同月比3.1倍の53件に上った。同月の台風15号の被害を受け、「家が損壊し、荷物を出さなければならなかった」など被災者をはじめとする需要が急増した。同社は必要に応じて数カ月間の無償貸与も検討しているという。

被災者以外にも、災害時に備え「備蓄庫として使用したい」「失いたくない物を預けておきたい」という利用者もいた。

特に同県市川市では5月に行徳駅前にトランクルームを新設したこともあり、需要が集まったという。

加瀬トランクサービスは加瀬倉庫(横浜市)から屋内事業を切り出して18年に立ち上げた。貸会議室やレンタルオフィスなども担う。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]