米ウクライナ疑惑、新興財閥が関与か
ジュリアーニ氏に接近 汚職事件で民主党と確執

ヨーロッパ
2019/10/21 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平】トランプ米大統領がバイデン前副大統領の調査をウクライナ政府に働きかけた疑惑で、カギを握る人物として同国の有力オリガルヒ(新興財閥)が浮上している。バイデン氏との確執の過去を持つドミトロ・フィルタシュ氏だ。トランプ氏の顧問弁護士で、疑惑の中心人物であるジュリアーニ氏に接近を試みたのはなぜか――。ウクライナ疑惑解明の手がかりになる可能性がある。

首都ワシントン近郊の空港で9日夕…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]