デジタル広告市場、寡占調査へ 競合参入の阻止など

2019/10/21 19:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は年内にもデジタル広告市場でプラットフォーマー企業による寡占が起きていないかどうか調査を始める。オンライン広告や検索サービス、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を対象にする。個人を狙い撃ちする広告手法が個人情報保護の観点で問題ないかどうかや、寡占により企業間競争が働かなくなる懸念がないか実態を調べる方針だ。

デジタル市場の競争政策を巡る政府の有識者検討会で21日、調査の方向性を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]