日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月19日 145.114 -0.583

[PR]

商品ニュース

東京製鉄、鋼材価格据え置き 11月契約分

2019/10/21 17:08
保存
共有
印刷
その他

東京製鉄は21日、11月契約分の鋼材価格を10月契約と同値に据え置くと発表した。据え置きは2カ月ぶり。前月に値下げを表明しており、市況の推移を見極める考えだ。

東京製鉄は市況の推移を見極める(愛知県田原市の田原工場)

契約価格はH形鋼が1トン8万3000円、熱延コイルが1トン6万7000円、厚鋼板が1トン7万7000円など。

今村清志常務は国内需給について、鋼板類は「在庫調整に時間がかかっている」と指摘。建築用の形鋼類は「来年にかけて大型物件が再び動く」との期待感を表した。

海外市況は「米中摩擦の長期化を背景に弱含みが続いている」と分析。「熱延コイルを中心に価格が下落するなかで(採算割れを避けたい)鉄鋼メーカーにアジア向けなどで販売を手控える動きが出ている」と指摘し、下落も終局に近づいているとの認識を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム