/

銀座の高速、緑の遊歩道に 中央区が東京都に提案

東京都中央区の山本泰人区長は21日、銀座のビルの屋上などを走る東京高速道路(KK線)を緑化し遊歩道とする再開発の案を公表した。区は日本橋を通る首都高速道路(首都高)の地下化にあわせて地下に別の道路を整備し、KK線を遊歩道へと再生する案を都に提案した。銀座地区での新たなにぎわいの創出を目指す。

KK線は商業ビルの屋上などを通る(東京都中央区)

山本区長が小池百合子知事と会談し「ニューヨークのハイラインのように、人でにぎわう緑のプロムナードにすることを願っている」と述べた。知事は「海外の事例も参考にして(KK線の)活用策を考える。とても画期的な案で20世紀の車の時代の次を象徴するビジョンを示していただいた」と応じた。

KK線は全長約2キロで、八重洲と新橋などを結ぶ。電通三菱地所などが出資する東京高速道路(東京・中央)が道路とともに「銀座インズ」や「銀座ファイブ」といった商業ビルも運営している。同社がビルの賃貸収入を道路のメンテナンスに充てているため、高速の通行料は無料だ。

緑化と遊歩道のイメージ

ちなみに、ニューヨークのハイラインは貨物線跡の高架約2キロを再生した都市公園で、景観がよく観光客らから人気を集めている。中央区は首都高都心環状線の築地川区間も掘割部分にふたをして緑化することを提案した。山本区長は「緑豊かで快適な環境都市東京の象徴をつくり上げたい」と強調する。

小池知事との会談で山本区長は、都が区内にある旧築地市場の跡地で進める再開発について、2029年ごろまでの完成を求めた。区長は「整備の完了まで20年以上かかる可能性がある。これでは築地のにぎわいの維持は困難で、少なくても10年で完成を」と訴えた。あわせて、首都高晴海線の延伸や都心部と臨海部を結ぶ地下鉄新線の整備も要望した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン