遺伝情報などの3世代調査、いち早く介入し健康に

2019/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東北大学東北メディカル・メガバンク機構は祖父母、父母、子からデータを集める「3世代コホート調査」を進めてきた。開始から5年が経過したが、その進捗と今後の活用について山本雅之機構長に聞いた。

――調査の特徴は。

「血液や尿といった生体試料やそこから読み出した遺伝情報を3世代から収集している。このうち2万人強は、母親が妊娠して胎児の状態から集めている。これは出生段階からカバーしている3世代コホート調…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]