名大・松尾学長を指名 東海国立大学機構のトップに

大学
2019/10/21 16:46
保存
共有
印刷
その他

萩生田光一文部科学相は21日、名古屋大と岐阜大の運営法人を統合して発足する新法人「東海国立大学機構」の機構長に、名大の松尾清一学長を指名した。松尾氏は機構が立ち上がる2020年4月に就任する予定で、任期は2年。名大学長も兼務する。

運営法人の統合を巡っては、国立大学法人が複数の大学を経営する「1法人複数大学制(アンブレラ方式)」を可能にする改正国立大学法人法が5月に成立。同機構は改正法を受けた初の統合事例になる。

松尾氏は21日、「それぞれの大学の強みや特色を明確にした研究力の強化、相互補完などによる教育力の強化を実現できると確信している」とするコメントを発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]