日銀総裁「副作用を軽減」 プラス金利適用増が念頭か

2019/10/21 22:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀の黒田東彦総裁は訪問先の米ワシントンで20日、金融緩和の長期化に伴う副作用に十分に配慮した政策運営に努める考えを強調した。追加緩和に踏み切る際は「副作用にも手当てする」と述べ、緩和と副作用を和らげる措置を一体で検討すると改めて訴えた。緩和の長期化が避けられないなか、政策の持続性を高める狙いもありそうだ。

「金融機関が保有する当座預金残高に多層システムを採用している。これはマイナス金利による金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]