/

この記事は会員限定です

インドネシア・ジョコ政権2期目始動 成長5%割れ目前

資源輸出頼みの構造改革に遅れ、治安も課題

[有料会員限定]

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシアのジョコ大統領の2期目が20日、始動した。米中貿易戦争の影響で世界経済に減速感が出る中、インドネシア経済の先行きも不透明で、節目の実質経済成長率5%割れが目前に迫る。資源頼みの輸出構造の改革は遅れ、外資誘致でも周辺国の後じんを拝する。閣僚が襲撃されるなど治安上の課題も浮上し、多難の船出を迎えた。

9月上旬、世界銀行が示した資料に政権幹部の顔が曇った。2020年の潜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン