米国向け輸出も不振鮮明 9月、自動車落ち込む

2019/10/21 17:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

輸出の弱含みが続いている。財務省が21日発表した9月の貿易統計によると、米国向けが2カ月連続で前年同月を下回り、アジアに加えて米国でも不振が鮮明になってきた。米国への輸出では自動車や自動車部品で減少が目立つ。海外経済の持ち直しは当初想定より遅れており、外需縮小の継続が日本経済最大のリスクとしてくすぶる。

9月の輸出総額は6兆3685億円で、前年同月比5.2%減った。減少は10カ月連続。国・地域別…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]