人生100年時代の年金制度(9) リスク軽減へ検討すべきこと
同志社大学教授 佐々木一郎

やさしい経済学
2019/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

老後における年金制度の主な役割は、高齢期に低所得や無所得の状況に陥るリスクをカバーすることでしょう。その観点から考えなくてはいけないことがあります。どのような状況の人に、どういう基準で、何歳から、どのくらいの金額の年金を支給するかということです。

老後に備えた資金準備や、就労・健康状況には大きな個人差があります。しかし現在の年金制度では、現役時の保険料負担の大きさに応じて、受け取る年金額はほぼ機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]