インパクト投資、共通基準で フィリップ・ル・ウェルー氏
国際金融公社(IFC)長官

私見卓見
2019/10/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の投資家は環境などへのネガティブな影響を避けるだけでなく、貧困や社会的包摂、保健、気候変動といった持続可能な開発目標(SDGs)の中心的な課題に貢献したいと考え始めているようにみえる。「インパクト投資」と呼ばれ、経済的リターンを追求するとともに、社会や地球環境にプラスの影響をもたらすことを意図して実行するものだ。

市場における透明性や規律、信頼性を高めるため、国際金融公社(IFC)と54の民…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]